火災保険

火災保険とは・・・

次のような事故で損害が発生した場合に補償されます。

家が燃えてしまった!
火災、落雷、破裂・爆発による損害が補償されます。
台風で屋根が壊れた!
風災、雹(ひょう)災、雪災による損害が補償されます。
大雨で家が水びたしに!
水災(一定の基準以上の被害の場合)による損害が補償されます。
泥棒に入られた!
マンション上階からの水漏れで部屋や家財が水びたしになった!
盗難、水ぬれ、による損害が補償されます。
うっかり窓ガラスを割ってしまった!
うっかりテレビを落としてしまった!
上記以外の偶然な事故による破損・汚損等の損害が補償されまれます。

※引受保険会社、保険の種類・プランによって上記の補償範囲は異なります。

損害保険金以外にも残存物取り片づけ費用、損害原因調査のための費用、損害拡大を防止するための費用、失火見舞費用、地震火災費用等の費用損害が補償される場合があります。
また火災保険の「特約」として個人賠償責任(日常生活で他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして法律上損害賠償しなければならなくなった場合)補償特約、借家人賠償責任(賃貸住宅で火災、破裂・爆発、水濡れ、盗難の事故を起こし、貸主に対し損害賠償しなければならなくなった場合)補償特約、臨時費用補償特約、類焼損害補償特約、携行品特約等があります。

さらに保険会社固有のサービスとして、事故防止のための情報提供、緊急医療相談や医療機関の案内、オプションでホームセキュリティサービスの提供などをおこなっています。

なお地震や津波による損害は、火災保険では補償されません(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります。)ので、別途「地震保険」をお付けいただく必要があります。地震保険で補償の対象となるのは専用住宅、マンション等の共同住宅、併用住宅の「建物」と「家財」です。補償額は火災保険ご契約金額の30%から50%の範囲内で設定しますが、建物は5千万円、家財は1千万円が限度となります。

※保険会社によって商品の内容や補償範囲が異なります。詳しくは各保険会社のパンフレットもしくはホームページ等でご確認ください。


事故のご連絡

よくあるご質問

取扱保険会社